テニステイクバックコンパクト@テニス・ダブルス上達革命

シングルスでもダブルスでも、テニスが上手くなりたいと思ったら、練習は欠かせません。練習しないでテニスが上手くなるなんてことは絶対にありえません。

ダブルスで強くなるためには、ある程度の練習量は必要になるものの、ただ、やみくもに練習すれば良いわけじゃありません。間違った練習をしてしまうと、間違ったゴールへちかづういてしまうだけです。



悪い動作を身に着ける危険もありますから、できるだけスムーズに上達したいと思ったら、質が高い正しい練習に集中して取り組むことが絶対条件です。

それともう一つ欠かせないのが練習の順番です。ピラミッドとに例えるならば、一番下の基礎から順番にレンガを積み上げるようにステップアップしていくのが理想です。



ピラミッドのあちこちでレンガが抜けていたり、習得度が甘かったりしてレンガがもろくなってしまうことが、パフォーマンスが安定しない原因となります。

逆に言えば、正しい練習を正しい順番で実践していくことができれば、ダブルス上達に欠かせないテクニックや戦術はどんどん身に着けることができるんです。



シングルスでいくらキャリアがあったとしても、ダブルスは全く別物です。またゼロからやり直すくらいの気持ちで取り組まなければいけないんです。

気持ちをしっかりと切り替えて、ダブルスの基本動作から練習を再スタートすることで、結果的に寄り道することなく最短距離でダブルスの実力を上げることができるんです。




佐藤博康さんのテニス・ダブルス上達革命は、基本技術としての、サーブ、レシーブ、ボレー、スマッシュ、ストロークをはじめとして、ポジショニングやポーチプレーなども学ぶことができます。

特に重視されているのがポーチでいかに主導権を握るか?です。ダブルスでは、ポーチを上手く使えるようになると、圧倒的に有利に試合を進められるようになります。



シングルスではまるでかなわなかった相手でも、佐藤博康さんのテニス・ダブルス上達革命に沿って練習をして、必要なスキルを身に着けて行けば、ダブルスなら勝てるようになります。

1たす1が単純に2になるのではなく、3にも4にもなっていきます。誰と組んだとしても、一定のパフォーマンスを発揮できるようになります。



あなたも、ダブルスで勝つために必要なことを基本の基本から見直していくことで、下のような結果を手に入れることができますよ。


低い弾道でリターンできるようになる

強烈なレシーブへの対応法が分かる

一つ一つのショットが向上し、コンビネーションプレーが容易になる

相手の反応を予想しながら返球できる


ダブルスに必要な個人技術を身につけられないまま、勝てるはずのゲームで負け続ける前に、
ダブルスに焦点を当てた練習方法で、試合を自分の自由にコントロールできるようになりませんか?


ペアとの相性次第で成績が大きく左右されるのは今日で終わりにして、次のボールにも準備して冷静にプレーできるようになるにはこちら

product.jpg